企業が無視できない理由TikTok売れとは?

企業が無視できない理由TikTok売れとは?

今や大手企業もTikTokのことを無視できないようになっており、「TikTok売れ」という言葉も生まれています!

今回はこの「TikTok売れ」について少し掘り下げて考えてみたいと思います。

TikTok学園公式HP
無料生配信オンライン授業を試す!

「TikTok売れ」とは?

TikTok売れ」とは文字通り、TikTokがきっかけで商品が流行することを指す言葉です。

TikTokに馴染みが無い人はなかなかイメージが湧かないかもしれませんが、ブームの発端がTikTokというものは多く存在します。

潜在層と顕在層

TikTok同様に購買につながるSNSと言えば、Instagramがありますが、実はTikTokとInstagramはアプローチしている層が違います。

それぞれの層についてみていきましょう!

TikTokは潜在層

潜在層とはあなたの商品やサービスを知らず、ニーズに合っていない、もしくは商品が検討されていない段階のユーザーのことを指しています。

つまり、目的は決まっているけど方法がハッキリしていない状態っていうことですね。

曖昧な潜在意識をいかに引き起こすことができるかが、ユーザーにアプローチするうえでのポイントになります。

Instagramは顕在層

顕在層はあなたの商品やサービスを知っていて、他社や他のサービスと検討している段階のユーザーを指しています。

潜在層がぼんやりしている状態に比べて、具体的な方法が明確になり、料金やサービスなどを踏まえて検討している状態です。

こういったユーザーに対しては、他社サービスとの差別化が重要なポイントになってきますね。

TikTokはなぜ潜在層にアプローチできる?

ここで疑問に感じることは、「どうして潜在層にしっかりアプローチできるのか」ということですよね。

TikTokは、アプリを開いた瞬間にその人が好きだろうとされる動画が全画面で流れるようになっています。

それができるのは自分と同じような属性ユーザーのデータからなるしっかりしたアルゴリズムを持っているからです!

自分の好みに合った動画が流れてくると、視聴時間も長くなりますし、購買意欲も高まってきますよね。

購入される商品については、日用品や健康食品、家具家電といった、幅広いジャンルの商品が購入されています。

現在ユーザーの平均年齢が上昇傾向にあるようなので、まだまだ商品のマーケティングプラットフォームとしても大きな注目を集めていきそうですね!

TikTok学園公式HP
無料生配信オンライン授業を試す!
TOPページを見る